口唇ヘルペスの正しい知識講座

口唇ヘルペスの基本

ウイルスの違い

口唇ヘルペスは単純ヘルペスウイルスによって引き起こされますが、単純ヘルペスウイルスも水痘帯状疱疹ウイルスも親戚のように近い関係にあります。でも似たようなところもありますが違うところもありますので、その点を説明したいと思います。

どちらのヘルペスウイルスも子供の時に感染しやすい特徴があり、その後は再発という形で発症することになります。ヘルペスウイルスは神経節に潜伏する特徴がありますが、この神経節というのは神経の根っこのようなもので、神経と他の神経をつなぐ中継局のような働きをしている部分です。一度感染してしまったウイルスはここに潜んでいるわけで、何かのきっかけがあると再発してしまうことになります。

神経節は神経線維を経て皮膚までつながっていて、ウイルスが再活性化するとこの神経線維を伝わって表面まで出てくることになり、結果、水ぶくれなどの症状が発生して痛みやかゆみを引き起こしてしまいます。また、この水ぶくれの中でもウイルスが増殖しますので、さらに感染部位が広まってしまうことになります。

水痘帯状疱疹の場合は神経節で増えたウイルスが神経細胞だけでなくその外側の細胞も伝わって一気に皮膚まで押し寄せるため、非常に激しい症状を引き起こしますが、反面免疫も働きやすいので再発しにくい体が作られます。

しかし口唇ヘルペスなどの単純ヘルペスウイルスは神経細胞の突起の中を伝わって皮膚まで出てきますので症状が軽い分、免疫が作られにくいという特徴があります。そのために何度でも再発してしまうという厄介な面があります。

口唇ヘルペスの基本
口唇ヘルペスの基本
口唇ヘルペスの基本
口唇ヘルペスの治療と予防
口唇ヘルペスの治療と予防
口唇ヘルペスの治療と予防
口唇ヘルペスの症状
口唇ヘルペスの症状
口唇ヘルペスの症状
口唇ヘルペスの豆知識
口唇ヘルペスの豆知識
口唇ヘルペスの豆知識
帯状疱疹と口唇ヘルペス
帯状疱疹と口唇ヘルペス
帯状疱疹と口唇ヘルペス
Copyright (C) 口唇ヘルペスの正しい知識講座 All Rights Reserved