口唇ヘルペスの正しい知識講座

口唇ヘルペスの基本

完治しない

ヘルペスウイルスは一度感染すると生物の細胞の中に潜み、細胞の増殖システムを乗っ取って自己増殖していきます。肺炎や破傷風の様な細菌によって引き起こされる病気は抗生物質などの薬によって細菌を直接退治することが出来ます。

しかし今のところ細胞の中に入ってしまったウイルスに対して効果のある薬は無く、身体の自己防御システムも十分に対応出来ないのが現状です。このように、ウイルスによって引き起こされるヘルペスは治療が厄介な病気の一つといえます。

さらに悪いことにヘルペスは感染してしまったら最後、神経節に潜り込んで遺伝子に影響を及ぼし、細胞が死ぬまで住み続けてしまう結果になります。これを無理に除去しようとすると神経の本体にまでダメージが出てしまいます。

しかし、身体にも素晴らしい機能が備わっています。それは、免疫システムです。人の体は初めて何かの病気にかかると、最初はきつく症状が出てしまいますが、体内に免疫の情報を作り、次回以降もし同じ病気になってもウイルスの増殖を抑える力が強くなります。ヘルペスウイルスに関しても同じで、最初は水ぼうそうになったり発熱や痛みのきつい発疹などの症状が出ますが、ひとたび免疫システムが稼働するとそのウイルスの型を記憶し、次からは繁殖を抑える働きが出来ます。それで最初ほどの症状は出にくくなります。

でも過労やストレス、老化などで抵抗力が落ちてくるとヘルペスウイルスは活性化して、再び痛みや水ぶくれなどを引き起こしてしまいます。口唇ヘルペスの場合も体力が低下すると何度でも発症しますので、一度感染してしまったら死ぬまで完治はしないということを覚えておいてください。

口唇ヘルペスの基本
口唇ヘルペスの基本
口唇ヘルペスの基本
口唇ヘルペスの治療と予防
口唇ヘルペスの治療と予防
口唇ヘルペスの治療と予防
口唇ヘルペスの症状
口唇ヘルペスの症状
口唇ヘルペスの症状
口唇ヘルペスの豆知識
口唇ヘルペスの豆知識
口唇ヘルペスの豆知識
帯状疱疹と口唇ヘルペス
帯状疱疹と口唇ヘルペス
帯状疱疹と口唇ヘルペス
Copyright (C) 口唇ヘルペスの正しい知識講座 All Rights Reserved