口唇ヘルペスの正しい知識講座

口唇ヘルペスの基本

診察は早めに

もし唇やその周辺に水ぶくれが出来た場合は口唇ヘルペスの可能性が出てきます。とにかくおかしいと感じたらすぐに皮膚科の専門医に診てもらう方が得策でしょう。どうしてかというと、ヘルペスだけでなく、さらに重い病気に感染している可能性も否定出来ないからです。

帯状疱疹でも単純ヘルペスでもきっかけが体の衰弱からきている可能性が高いですので、その原因をはっきりさせることは大切です。例えばエイズや内臓の癌によって免疫システムが弱って来ているなら早く手を打つに越したことはないでしょう。

水ぶくれの中には数えきれないくらいの数のウイルスが詰まっています。もしこれが破れたりして他の人についてしまうと、少しの傷や粘膜からウイルスが侵入してしまい、簡単に感染してしまいかねません。

口唇ヘルペスの場合は簡単なキスだけでも簡単に感染し、また感染力も強いため、全身にウイルスが拡がって陰部や他の部分に広がってしまいかねません。お尻にヘルペスによる水ぶくれがあった場合、便座から感染してしまうケースもあります。それで湿疹のある人や乾燥肌の人は要注意です。

もし口唇ヘルペスの人がエイズだった場合は最悪の事態も考えなければなりません。というのも、口唇ヘルペスの水ぶくれには大量のエイズウイルスも含まれていることが多いからです。便座を共用で使っただけではほとんど感染しませんが、キスや性交渉などを持つと感染する危険は非常に高いですので、やはり症状が気になったらすぐに専門医にかかることをお勧めいたします。

口唇ヘルペスの基本
口唇ヘルペスの基本
口唇ヘルペスの基本
口唇ヘルペスの治療と予防
口唇ヘルペスの治療と予防
口唇ヘルペスの治療と予防
口唇ヘルペスの症状
口唇ヘルペスの症状
口唇ヘルペスの症状
口唇ヘルペスの豆知識
口唇ヘルペスの豆知識
口唇ヘルペスの豆知識
帯状疱疹と口唇ヘルペス
帯状疱疹と口唇ヘルペス
帯状疱疹と口唇ヘルペス
Copyright (C) 口唇ヘルペスの正しい知識講座 All Rights Reserved