口唇ヘルペスの正しい知識講座

帯状疱疹と口唇ヘルペス

帯状疱疹とは

帯状疱疹は単純ヘルペスの口唇ヘルペスとは違う種類のウイルスで発症するヘルペスです。違いを知ると口唇ヘルペスにも対処しやすくなりますので、知っておいて損はないでしょう。

帯状疱疹とはからだの左右のどちらか片方にだけ発症し、帯の様に水ぶくれが出来ることからこの名前が付けられています。強い痛みが出ることが多いようです。水痘帯状疱疹ウイルスによって引き起こされるヘルペスで、初めて感染した時には水ぼうそうになります。

そしてこの時に出来た発疹などで増えたヘルペスウイルスが神経を伝わって知覚神経の神経節に入り込んで、遺伝子の形でとどまります。それから期間が過ぎて再発して発症するのが帯状疱疹です。つまり水ぼうそうのウイルスと帯状疱疹のウイルスは同じものということになりますね。

原因はまだ研究中ですが、いくつかの要素が浮かび上がってきています。まず過労やストレスなどによって体が弱ると免疫も弱りますので、発症する危険が高くなります。別の理由としては年を取っていくことで体が弱くなってしまったということです。さらに、内臓に関する病気などによって免疫機構が弱くなったとか、手術や放射線治療などによって免疫が弱くなるなどが感がられています。

いずれにしても免疫の力が弱くなると発症しやすくなると思っていただいていいと思います。ただこの帯状疱疹は再発してもふつうは1回だけで、死ぬまでに何回も繰り返し発症するようなものではありません。また、帯状疱疹の水ぶくれに触ってもほかの人に感染する危険はあまり高くありません。これらが口唇ヘルペスのウイルスとは違う点です。

口唇ヘルペスの基本
口唇ヘルペスの基本
口唇ヘルペスの基本
口唇ヘルペスの治療と予防
口唇ヘルペスの治療と予防
口唇ヘルペスの治療と予防
口唇ヘルペスの症状
口唇ヘルペスの症状
口唇ヘルペスの症状
口唇ヘルペスの豆知識
口唇ヘルペスの豆知識
口唇ヘルペスの豆知識
帯状疱疹と口唇ヘルペス
帯状疱疹と口唇ヘルペス
帯状疱疹と口唇ヘルペス
Copyright (C) 口唇ヘルペスの正しい知識講座 All Rights Reserved