口唇ヘルペスの正しい知識講座

口唇ヘルペスの症状

感染傾向

ヘルペスウイルス1型と2型は似ていますが違うウイルスですので、1型に感染している人でも2型に感染することが起きます。ただし、1型を持っている人が2型に感染しても症状はほとんど現れません。

それで、1型を持っていることは知っていても、自分がさらに2型にも感染してしまったということを自覚する人が少ないのはとても怖いことです。それで症状が無いために安心して感染してしまうような行動様式を取ってしまいがちです。つまり、本人は水ぶくれも痛みもないので気にせず性交渉を持ってしまいますが、実は精液や唾液の中にウイルスはたくさん潜んでいるので、SEXをしてしまってどんどん感染者を増やしていることに気が付かないということが生じています。

でもうつされた方はたまりません。なぜならその人にはヘルペスの症状が出てくるからです。しかも陰部に水ぶくれが出来たり何度も症状が出てただれてしまったりして、ものすごい痛みを生じさせることもあるのです。

逆に2型に感染している人は1型に感染しないといわれています。それで、大切なのは自分が何型のヘルペスウイルスを持っているかを知っておくことです。実は7割もの人が自覚していないヘルペスウイルス感染者から性行為を通じて感染しているのです。さらに悪いことに複数の人と同じ時期に性交渉を持っていたりオーラルセックスを行ったりして感染者が激増していることです。

それで自分は感染していないとか、1型にしか感染していないから大丈夫だという思い込みを持たずに検査する必要があります。またほかの病気の治療でステロイドを飲んでいたり免疫抑制剤を使っている場合は要注意です。

口唇ヘルペスの基本
口唇ヘルペスの基本
口唇ヘルペスの基本
口唇ヘルペスの治療と予防
口唇ヘルペスの治療と予防
口唇ヘルペスの治療と予防
口唇ヘルペスの症状
口唇ヘルペスの症状
口唇ヘルペスの症状
口唇ヘルペスの豆知識
口唇ヘルペスの豆知識
口唇ヘルペスの豆知識
帯状疱疹と口唇ヘルペス
帯状疱疹と口唇ヘルペス
帯状疱疹と口唇ヘルペス
Copyright (C) 口唇ヘルペスの正しい知識講座 All Rights Reserved