口唇ヘルペスの正しい知識講座

口唇ヘルペスの症状

発生部位

ヘルペスウイルスの1型と2型では発症部位に差があることは書きましたが、これはそれぞれ再発した場合に当てはまることであり、最初に感染した時には当てはまりません。ヘルペスウイルス1型に感染しても下半身、性器やお尻に発症することもありますし、逆に2型に感染してもお腹や腕、唇の周りなどに発症することもあります。

例えば、ヘルペスの症状が性器に現れる場合の約7割もの人は実は単純ヘルペス1型に感染しているのに性器に症状が出てしまったということが報告されています。この場合、単純ヘルペスウイルス1型の感染者がオーラルセックスなどでパートナーに性器ヘルペスを映してしまったと考えられます。

またこのように1型の感染が性器に症状を引き起こした場合は、再発が口唇に出ても不思議ではありません。ですので、逆に言うと初めて口唇ヘルペスになったからといって、絶対に1型だとはいえませんので注意してください。

お尻に出来るヘルペスは普通は単純ヘルペス2型のウイルスによって引き起こされるヘルペスです。しかしお尻にヘルペスが沢山できてしまうと帯状疱疹と間違ってしまうこともあり、結局診察してみると単純ヘルペスだったということが結構あります。

このときは便座などを通してウイルスに感染してしまうこともありますので、性器ヘルペスが発症してしまったならお尻からの感染も疑う必要があります。またお年寄りのおむつなどに大量のウイルスが付着していたため、介護で交換した人に感染してしまうケースも報告されています。もし体のどの部分でもヘルペスを見つけたら、感染しないように細心の注意を払う必要があります。

口唇ヘルペスの基本
口唇ヘルペスの基本
口唇ヘルペスの基本
口唇ヘルペスの治療と予防
口唇ヘルペスの治療と予防
口唇ヘルペスの治療と予防
口唇ヘルペスの症状
口唇ヘルペスの症状
口唇ヘルペスの症状
口唇ヘルペスの豆知識
口唇ヘルペスの豆知識
口唇ヘルペスの豆知識
帯状疱疹と口唇ヘルペス
帯状疱疹と口唇ヘルペス
帯状疱疹と口唇ヘルペス
Copyright (C) 口唇ヘルペスの正しい知識講座 All Rights Reserved