口唇ヘルペスの正しい知識講座

口唇ヘルペスの治療と予防

悪化を防ぐ

口唇ヘルペスを含む単純ヘルペスは皮膚や粘膜や角膜など場所を選ばずにどこでも発生し、痛みを生じさせることがあります。皮膚に出来る症状の特徴である水ぶくれは1個だけ単体で出来るよりも複数個が並んで発生する方が確率が高く、小さな水ぶくれがつながって大きなひとつの水ぶくれになることもあります。

この出来てしまった水ぶくれの中では単純ヘルペスウイルスがどんどんと増え続けていますので、もし破れてその水ぶくれのウイルスに触ってしまったり、液が人に付いてしまったりすると感染してしまう危険があります。

水ぶくれは時間が経過すれば必ず治まっていくとはいえ、粘膜などに出来てしまったヘルペスの水ぶくれは完治までにかなりの期間が必要になりますので、放置したまま治癒を待つのはあまり賢明ではないといえます。それに、もし何度も水ぶくれが再発してしまったり持続性の細菌による感染症が引き起こされてしまったりするならば、最終的に皮膚がきれいに治らなくなってしまう事もあります。

こうした悪い結果を防ぐためにもぜひ治療を早めに受けることをお勧めいたします。単純ヘルペスは気が付いたらすぐに病院へ行って医師に診察を受け、症状が進んでしまう前に抗ウイルス薬を処方してもらうことが必要です。

この抗ウイルス薬を服用するなら、症状の悪化を食い止めることはもちろんのこと、治療までにかかる時間を短縮できますし、また他の人への感染も防ぐことが出来ます。口唇ヘルペスかもしれないと思ったら抗ウイルス薬のことを思い出して、自分の症状を軽くすることと他の人への感染防止に全力を尽くしてください。

口唇ヘルペスの基本
口唇ヘルペスの基本
口唇ヘルペスの基本
口唇ヘルペスの治療と予防
口唇ヘルペスの治療と予防
口唇ヘルペスの治療と予防
口唇ヘルペスの症状
口唇ヘルペスの症状
口唇ヘルペスの症状
口唇ヘルペスの豆知識
口唇ヘルペスの豆知識
口唇ヘルペスの豆知識
帯状疱疹と口唇ヘルペス
帯状疱疹と口唇ヘルペス
帯状疱疹と口唇ヘルペス
Copyright (C) 口唇ヘルペスの正しい知識講座 All Rights Reserved